前へ
次へ

風邪とは異なるインフルエンザの症状

インフルエンザ予防として真冬の時期であれば、できるだけ繁華街だとか、人ごみの中への外出は控えたほうが無難です。
飛沫感染が最もメインになる感染経路だからであり、感染をしている人がくしゃみをしたり、咳などをすることでウイルスも一緒に飛び散ります。
人が多いほど感染者の数も多くなりますし、そうした人に出くわす確率も高いです。
糖尿病を患っていたり、高齢者などは時に流行の時期には、人ごみは避けるようにします。
どうしても人ごみの中へ出かけるなら、不織布製マスクの着用をして防御策をとることです。
冬は風邪をひきやすいですが、症状としては咳や鼻水が出たり、たんが絡んだりくしゃみを連発したり、喉に痛みを感じたりします。
発熱はありますがほとんどの場合は、38℃以下なので安静に寝ていれば自然に治ることがほとんどです。
市販薬を服用することもできますが、ビタミンCと水分をしっかり摂取して、寝て治すのが最も良い方法でもあります。
38℃以上の高熱になるのがインフルエンザであり、風邪のような穏やかさはありません。
鼻水や喉の痛みだけではなく、だるさや強い頭痛に悪感や関節痛など、全身に不調を感じるので病院へ行くことです。
インフルエンザをしっかりと予防したいと考えるなら、病院で行っているワクチン接種をするのが効果的な手段です。
副作用が気になる人もいるでしょうが、注射をした部分に痛みが少しだけ出たり、ほんの些細な腫れが生じる程度ですから、さほど気にすることはありません。
卵アレルギーがある場合は、注射をする前に医者に相談をしたほうが良いですが、それは製造をする過程においてワクチンには、鶏卵を使用しているからです。

目立たない矯正をお届け
続けやすい矯正で歯並びを整えませんか?

産業医に委託して実施してもらう
ストレスチェックは専門医にお任せしましょう

食べるためのリハビリを歯医者で初めてみませんか?
行徳のさくら歯科口腔外科クリニックが全力でサポートします

素敵な笑顔をお届けする草加市の歯医者
歯の治療であなたを笑顔にします

札幌近郊の介護求人に特化したサイトはこちら

国内でのインフルエンザの流行する時期に関しては、毎年大体12月から4月くらいまでです。
段々と感染者が増え始めるのは11月当たりからであり、ピークを迎えるのは寒さが厳しい1月から3月で、収まりを見えるのは4月から5月当たりになります。
低い湿度と低い温度が大好きなので、長く生存のできる冬には大流行をしやすいです。
夏には絶対に流行らないとも言い切れないので、年間を通して体調管理はしっかりとするようにします。

Page Top