前へ
次へ

インフルエンザの感染経路と予防法

インフルエンザの感染には、大きく分けて飛沫感染と接触感染があります。
飛沫感染とは、感染者のくしゃみや咳・つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出することで別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込むことで感染します。
主な感染経路は学校や満員電車など人がよく集まる場所で、インフルエンザにかかっている人も知らない間に他の人に移してしまうことがあります。
接触感染は、感染者がくしゃみや咳を手で押さえた際にその手で周りのものに触れることでウイルスがつきます。
そのウイルスを他の人が触ってしまい、ウイルスが手についた状態で口や鼻を触ることで粘膜から感染します。
主な感染経路は、電車やバスのつり革やドアノブ・スイッチなどが挙げられます。
このように日常でインフルエンザにかかるリスクを避けるためには、しっかりとした予防が大切です。
効果的な予防としてまず挙げられるのが、正しい手洗いです。
私たちは毎日様々なものに触れるため、それらを触れることにより自分の手にもウイルスが付着していることがあります。
そのため、家に帰ったらまずは手洗いをしてウイルスを洗い流すことが大切です。

Page Top